関東も梅雨入りして、雨の日も多くみられます。
雨が降ると体調を崩す人が多く見えますが、なぜでしょうか?昔セミナーで教わった事を書いておきます。

雨が降るときは低気圧が通っているわけです。
気圧が変わるということは、体にかかる負担も変わります。
気圧に対して、体の中の水分量などの圧力を調整してあげる必要があるわけです。
これを勝手にやってくれるのが自律神経なのです。

体の歪み、特に背骨に歪みがあると、自律神経の調子が悪くなるといわれています。
即ち、背骨が歪んでいると、大気の変化に対して、体の中の環境調整が追い付かないという場合が出てくるのだそうです。

歪みなどは写真で判別できるところではありませんので、病院では原因が見落とされてします事がよくあります。

天候が崩れる時の体調の悪さは「気のせい」という訳でもありません。

体の歪みを整えて、元気に過ごしましょう。


Comments

comments